北海道の冬道にご注意!安全運転を心がけましょう

北海道といえば雪景色!観光するならやっぱり冬の寒い時期に行きたいですね。車の運転には気を付けましょう。 - 北海道の冬道にご注意!安全運転を心がけましょう

新着情報

◆2016/11/22
北海道の冬道にご注意!安全運転を心がけましょうの情報を更新しました。
◆2016/11/20
電車では行きづらい北海道の観光名所を新規投稿しました。
◆2016/11/19
北海道旅行の新定番!?キャンピングカーでめぐる旅行のメリットを新規投稿しました。
◆2016/11/18
北海道を楽しみ尽くせる移動手段とは?を新規投稿しました。
◆2016/11/17
北海道での運転の注意点を新規投稿しました。

北海道の冬道にご注意!安全運転を心がけましょう

冬が近づいてきて、雪国へ旅に出る方も多く出てくる季節となりました。
国内で雪国の代表格といえば北海道。海鮮や雪まつりなど、冬ならではの楽しみやイベントを楽しみに向かう方も多いかと思います。
北海道では主に、レンタカーを借りるなどして車に乗って移動する事になると思いますが、雪国での運転は細心の注意を払わなければなりません。
本記事では、雪国での運転で気を付けなければならないことをピックアップして紹介したいと思います。

冬用のタイヤに切り替える

trshtsrこれはレンタカーを借りる際は、レンタカー屋さんがしっかり管理をしてくれると思われるのであまり気にかけなくても大丈夫ですが、自家用車で行く場合には注意が必要です。雪道を走る際は、冬用のタイヤに切り替えることが必須です。
冬用のタイヤは普通のタイヤに比べて硬化しにくいゴムが使用されており、低温環境下でも柔らかく地面をつかむグリップ力が落ちないようになっています。
また、通常のものより溝が深く多く掘られており、この溝が路面上の水を掻き出し、タイヤの接地を補助します。
これらの工夫のおかげで、ブレーキの利きが雪道でも落ちることがありません。ブレーキは緊急の際に命綱となる機能ですので、必ず万全の状態にしておきましょう。

車間距離を十分にとる

これは運転中に気を付けるべきことです。前述の様にブレーキの利きが落ちることがないように工夫がされてはいますが、どうしても通常時よりはブレーキの利きは落ちてしまいます。
なので、車間距離は通常より長くとることを心がけましょう。どうしても急ブレーキが必要となった際に、通常と同じくらいの車間距離しかとっていないとぶつかってしまうかもしれません。

スリップに注意

雪道での運転で起こりやすいのがスリップです。
急な路線変更やハンドリング操作がスリップの原因となります。早めの判断を心がけ、余裕をもって運転をするようにしましょう。
特にカーブを曲がる際のスリップ事故が多いらしいです。十分に速度を落として、ゆっくりと曲がるようにしましょう。

エンジンブレーキを活用する

長い下り坂でフットブレーキを多用しすぎると、ブレーキにロックがかかってしまいブレーキが利かなくなってしまいます。これは雪道に限った話ではありませんが、雪道では特に気を付けなければなりません。
エンジンブレーキはアクセルから足を離すことで作用するものと、変速ギアを下げることで作用するものとで2種類あります。
しかし、エンジンブレーキだけではフットブレーキの様に完全に車を停めることはできないので、あくまで補助的なものと考えて使いましょう。

早めの給油を心がける

ytdj冬道の運転は慎重になるためどうしても時間がかかってしまいます。そのため、通常よりもガソリンの減りが早くなってしまうためこまめな給油を心がけましょう。
道の真ん中でガソリンがなくなってしまうと、ロードサービスを呼ぶことになりますが、ロードサービスも雪道で遅れてしまうこともあるかもしれません。そうなると長い間道の上で立ち往生してしまうことになってしまいます。
ガソリンスタンドがなかなかない地域もあるので、ガソリンスタンドまでの距離を調べたりして、常にガソリンの残量に気を配っておきましょう。

注意点を守って楽しい旅行を

北海道を楽しみ尽くすには、やはり雪が降る季節にその地に訪れ旬の食べ物やイベントを体験するのが一番でしょう。
しかし、雪国の冬は想像以上に厳しく、車を運転する際には注意しなければならないこともたくさんあります。
雪道に限った話ではありませんが、常に安全な運転を心がけ、北海道の食や文化を満喫しましょう。
早割プランのある北海道レンタカー
■https://worldnet-rentacar.co.jp/