iPhone水没時の保証ってどうなっているの?

iPhone水没時の気になる保証とは? - iPhoneの保証はApplecareとApplecare+ではこんなに違いがあった

iPhoneの保証はApplecareとApplecare+ではこんなに違いがあった

iPhone水没時に利用出来るiPhoneのサービスと言えばApplecareと言うAppleの保証ですが、水没した時に本当に保証してくれるのでしょうか。
破損については保証対象となる事が多い、携帯端末の各保証であるが、大抵のキャリアでは故意では無くても水没に関しては保証対象外である事が多いので、Applecareについて詳しく調べてみました。

Applecare for iPhone

従来のApplecare for iPhoneは、iPhone and iPodに対しては、水没や水濡れによる故障について保証対象外である。
iPhoneまたはiPodのApple製品1年限定保証や、Applecare protection planの対象にもならないのである。
しかしそれ以外の不慮の破損については保証対象となるのである。
この点が若干混乱を招きやすい部分ではあるが正しく理解しておく必要があるだろう。

Applecare+(アップルケアプラス)for iPhoneに加入している場合

ApplecareとApplecare+で、違うのは、不慮の破損や水没でも保証対象になっている事だ。
Applecareと「+」が付くか付かないかで保証内容が大きく違う為、戸惑う方もいるかもしれないが、Applecare+for iPhoneに加入していると最大2回まで1回につき7800円で修理や交換をしてもらう事が出来るのだ。(iPhone5s、5cの場合)
機種によって費用は異なる為、加入時に確認しておくようにしたいものである。
しかし、本体が粉々になるような重篤な破損や、故意による水没の場合は対象外となる為注意が必要である。

iPhoneには液体侵入インジケータがある

tdjytjyr
iPhoneにはそれぞれのモデルに対し、液体侵入インジケータが付いているのだ。
水没させた覚えが無くても、何らかの原因で水分や液体がiPhoneに侵入した場合には、そのインジケータを確認する事で液体が侵入しているかどうかを自己判断する事が可能である。
インジケータの場所は機種によって異なる為、購入時や使用し始める時に必ず確認しておく事がお勧めである。
iPhoneは精密機械であると共に、故障をする事もあります。
精密機械であるからこそ故障をするとも言えるのですが、iPhoneで故障しやすい部分と言うのはどこなのでしょうか。
故障しやすい部分を知る事で、日頃のiPhoneの扱い方を気を付ける事にも役立つと思います。

1位 フロントパネルの交換

iPhoneは液晶画面である事から、日頃良く使うタッチパネルのフロントパネルの交換は1番多いようである。
原因としては落下による衝撃で割れてしまう、と言う事が多くあり、落としやすいiPhoneならではの特徴でもあると言えるのではないだろうか。
防止策としては、ケースを付ける、保護フィルムを貼る等があるが、それでも当たり所によっては、フロントパネルは割れてしまう事がある。

2位 iPhone水没

iPhoneは携帯端末の中でも非常に水分に弱い性質を持っていると言える。
トイレやお風呂、海、その他のレジャー施設、洗面所や洗濯機等の身近な場所でもついうっかりiPhone水没を引き起こす可能性は高いのだ。
水没時に1番厄介なのは、iPhoneに保存していたデータを失ってしまう事である。
水没の程度によっては、データを救出する事が出来ない事も良くある為、定期的にバックアップを取っておく事が防止策となると言えるだろう。

3位 バッテリー交換

iPhoneに限らず、携帯端末のバッテリーはそもそも消耗品であると言われているものだ。
どんな携帯端末でも使い続ける事によって、いずれはバッテリーが故障したり、不良を起こす事は珍しい事では無いのだ。
充電をしながらゲームやアプリを起動したりする事や購入してから長い年月が経っている事が原因として挙げられるが、充電の減りが早いと感じたり、充電出来ないと感じる事があった場合には、出来るだけ早めの交換をお勧めしたい。

iPhoneが水没したら!

iphone水没の修理について
iPhone水没なら、iPhone修理のモバイルフォンプロテクター「モバプロ」【http://mobilephoneprotector.jp/submergence】

Copyright(C)2015 iPhone水没時の保証ってどうなっているの? All Rights Reserved.