北海道での運転の注意点

これからの季節、旬の食べ物や大きなイベントを楽しみに訪れる人が多くなるのが北海道です。
そんな北海道を巡る際にどうしても必要となってくるのが車です。色んなところに寄り道をしたり、景観が綺麗な名所に行こうとするとどうしても車が必要となってきます。
しかし、この時期の雪国での運転は気を付けなければならないことが多いです。
本記事では、雪国でも安全に運転するコツや心構えを紹介します。

雪が積もると地面の標識が見えない

道路に雪が積もると、道路の端を示す白線や停止線が見えなくなってしまいます。雪に親しみのない地域の人にとっては大変困る状況かと思います。
そんな状況の時のために、停止線や道路の端の白線を示す標識があることをご存知ですか?一時停止などの看板と同様に、ポールで示されているため、積雪があっても停止線や道路の端を目視することができるというものです。
道路の標識が見えなくても、焦らず代わりとなる標識を探して運転しましょう。

視界が悪くなる

こちらは降雨の場合も同じですが、降雪の場合も運転中の視界が悪くなります。
冬の北海道は雪が降っている日が多いので、出かける際には高確率で降雪の中運転をしなければいけないという場面に遭遇するだろうと心づもりしておきましょう。
地面が凍り、ブレーキの利きが悪くなることもあるので、降雪時はさらに慎重な運転を心がけましょう。

安全な運転と余裕のあるスケジュールを

積雪のある中での運転は慎重になりどうしても時間がかかってしまいます。スケジュールがあまりにタイトだと、運転に焦りが出て事故につながる可能性もあります。
余裕のあるスケジュールを立て、安全に北海道でのドライブ旅行を楽しんでください。

関連する記事